2014年6月7日(土)・8日(日)、大阪で開催された「WordCamp Kansai 2014」の2日目「コントリビューターデイ」のお話です(だいぶ日が経ちましたが)。
1日目やフォローアップはこちらをご覧ください。

スポンサーサイト

コントリビューターデイとは

日本では初の試みですが、海外のWordCampでは開催されることが多いようです。
聞き慣れない言葉ですが、公式ブログで紹介されてます。

WordPressプロジェクトは、単にプログラマーだけでなくドキュメントを書く人やフォーラムに回答する人、テーマやプラグインの翻訳をする人など、すごく大勢の人がコラボレーションすることで、現在のような巨大なコミュニティとなりました。

コントリビューターデイは、実際に手を動かすことを通してこのコミュニティを中心になって支えてくれる人たちを育てちゃおうっていうイベントなんです。

日本のWordCampで初めての試み!コントリビューターデイってなんだ?

私はというと、普段は日本語フォーラムやたまにCodexの翻訳しています。
それをみんなで集まってやろう!というわけです。

コントリビューターデイの様子

私は最後までいられないので、一参加者としてCodex翻訳に入ろうかなぁと思っていたのですが、会場入りした途端に宮さん(@miya0001)から「フォーラムの世話役やって!」とお願いされちゃったのでそちらに入りました。

同じ日本語フォーラムの世話役のひっしー(@HissyNC)とともに、日本語フォーラムの簡単な説明と回答のコツなどをお話ししてスタート。
2つのテーブルに分かれて10人ぐらいでやりました。

この場で、いつもフォーラムで的確な回答をなさっている mypacecreator さんにフォーラムの世話役になっていただきましたよ。

帰りの飛行機の時間があったので最後までいられませんでしたが、ちょっとだけCodex班に顔を出して帰路につきました。


おまけ

仙台の天気が悪く、帰りの飛行機が危うく到着地変更の可能性と言われてちょっとどきどきしました。(無事帰れましたよー)