ドメインのwwwあり・なしを統一し、レンタルサーバーの初期URLからも転送

example.comwww.example.com とを統一する方法。
同時にレンタルサーバーから付与されたURLから独自ドメインのURLへの転送も設定します。
検索エンジン対策はもちろんですが、URLを周知する際に「名刺はwwwつきだけどDMにはつけなかった!」という場合や、レンタルサーバーのドメインでアクセスされたくない場合にも使えるかと思います。

今回は mod_rewrite を使った301リダイレクトで設定します。事前に mod_rewrite が使えるかどうか確認しておきましょう。

.htaccess に 以下を記述

# www無しのURLに統一
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.lolipop.jp(:80)? [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://example.com/$1 [L,R=301]
# www有りのURLに統一
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.lolipop.jp(:80)? [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.com(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [L,R=301]

4行目でレンタルサーバーから付与された初期URLを記述しています。
上記ではロリポップの場合ですが、 lolipop.jp の部分を sakura.ne.jp に置き換えることでさくらインターネットでも使えます(その他の場合も適宜置き換えてください)。

参考サイト